営業時間

平 日:9:30 ~ 18:30(月曜は13時まで)
土・日:9:30 ~ 16:00
休診日:火曜・祝日

あなたの症状を無料診断、ご利用の方はこちらから
slide-right2

トップページ > ぎっくり腰と寝違い

ぎっくり腰と寝違い

ぎっくり腰と寝違いは急性の症状ですね。何かを持った拍子や、腰を前に曲げたとき、首なら朝起きたときに全く動かなかったり、など症状は非常につらいものです。

確かに1週間ほど安静にしていれば治ることもあるのですが、痛みは緩和しただけで筋肉は収縮し、硬いままなので、再発を繰り返したり、ヘルニアの温床になるのです。

これらの症状には、鍼灸治療がおススメです。鍼刺激でしっかり筋収縮を取り除くと同時に、筋力トレーニング、ストレッチングをアドバイスしていくことになります。これで予防もばっちりです。

お問合せ窓口

メール:kenyodo@ac.auone-net.jp

電 話:092-577-7739

「ホームページを見ました」とお問合せ下さい。

 

ギックリ腰の施術法

ぎっくり腰は癖になるものなので、痛くなったら2~3日以内に治療を受けられることをおすすめします。ヘルニアなどがないものでしたら、大体1~3回()で効果を実感出来ると思います。こう書きますと、”全て治す”と勘違いされてしまいそうですが、現在ある痛みがとれるということで、筋組織の損傷の回復には数日を要します。1度鍼をすることによって組織の悪い部分から治っていきますので、ヘルニアや坐骨神経痛になるのを高い確率で予防します。

急性期の腰痛のポイントは、損傷した筋肉に鍼を的確にあて、そのまま置鍼(鍼を置くこと)が有効です。時間にして15~20分間です。状態をみながら再度置鍼を行うときもあります。また鍼施術における最大のポイントは、大腰筋へしっかり鍼をあてることです。大腰筋は深層にあるためマッサージでは触ることはできません。ここに鍼を的確にあてることによって効果大です。

ギックリ腰として、強い外傷(筋断裂)がある腰痛の場合は要注意です。自力で当院まで歩けるかどうかがポイントになりますので、自力でほとんど歩けない腰痛なら整形外科の受診をされるか、ある程度、一人で動けるようになってから当院へお越し下さい。

効果は個人差があります。効果を保証しているものではありません。あくまで、簡単な判断基準として頂けたらと思います。

 

寝違えの施術法

東洋医学で寝違いは経絡(ツボとツボを連絡した道すじのようなもの)の病であり、鍼が非常に効果()があります。1回の施術で症状はぐっと和らぐ経験が多いです。
効果は個人差があります。効果を保証しているものではありません。あくまで、簡単な判断基準として頂けたらと思います。

原因として、睡眠中の首への不自然な姿勢や冷え、または内臓の疲労などにより経絡を巡っている気血(きけつ)の流れが悪くなり滞りが生じ、痛みが起こります。
寝違いにはツボに鍼をあてることにより、気血の流れを取り戻してあげるのです。

鍼灸には特効穴というつぼがあり、寝違いの場合は、手にあります

まず始めに、この特効穴を使い遠隔治療を行います。ポイントは鍼を置いたまま、首を動かしていただくことです。その後、残っている痛みに対して患部への施術を行います。 痛みのある筋肉に的確にアプローチしていきます。

 

健養堂はり灸治療室へのご予約は

お問い合わせは:こちらから

予約受付電話:092-577-7739

「ホームページを見ました」とお問合せ下さい。

福岡市のぎっくり腰・寝違いには健養堂はり灸治療室トップページへ