営業時間

平 日:9:30 ~ 18:30(月曜は13時まで)
土・日:9:30 ~ 16:00
休診日:火曜・祝日

あなたの症状を無料診断、ご利用の方はこちらから
slide-right2

トップページ > 自律神経失調症・更年期障害

自律神経失調症・更年期障害

病院に行っても器質的な異常が見つからず、心療内科をすすめられたことはございませんか?

実は、当院に来られる患者様では多くみられます。投薬治療がほとんどになるので早く薬を減らしたいとか、薬が嫌いという患者様が鍼灸を受けに来られています。

自律神経疾患は、心臓神経症・不安神経症・パニック症候群・全般性不安障害という診断になるケースもあります。

睡眠不足が続いたり、ハードな仕事が続いたり、対人関係で長期に悩んだりして何となく疲れが抜けない、めまいがする、肩こりが続くとしたら、あなたは自律神経失調症かもしれません。この病気は症状はあるのに、器質的に異常が見当たらないことがポイントです。それなのに、周りの理解もなく本人だけが悩み苦しむことになり、精神的に落ち込み、うつ病などに発展する可能性がありますので、早めに開始すべと感じます。

東洋医学の診断では、病名はつかなくても氣・血・津液(水)の失調ととらえ、様々な症状に対応出来るのです。器質的に異常がない症状に対する治療には、オーダーメイドの東洋医学のアプローチが最適です。

また、更年期障害も同理論において施術可能です。

この症状を整理しますと、精神症状と身体症状があります。

精神症状は、不安イライラ、焦燥(しょうそう)、緊張、過敏、抑うつ、人間不信などであり、身体症状は、動悸、胸部不快感、息切れ、呼吸困難、不眠、めまい、頭痛、のぼせ、腹痛、下痢などの自律神経症状があります。

当院では3つのポイントを診ていきます。該当する方はお早めにお越し下さい。

1.冷え症 腹部腰部に温灸を行います。血行をよくするのがねらいです。

2.肩甲骨間部のこり 殆どの方が圧痛やこりが出ています。
ここを、健養堂オリジナルで施術を行ないます

3.頚部の緊張 側頚部や後頚部上部には硬結、圧痛が必ずといっていいほどみられますので、鍼とお灸で施術していきます。

施術で気をつけなければいけないことは、刺激量を把握することです。慢性疲労が蓄積してると言い換えることができますので、弱めの刺激で鍼ならば浅め浅めに置鍼していきます。少し長めに置くことにより、治療中に寝ていただくぐらいの弱刺激が大事になります。

通常ですと、2~3回にて変化を感じて頂けるのではと思います。変化後は、月に1~2回程度メンテナンスを受けて頂けばなおいいでしょう。

 ●更年期障害について

更年期症状は、俗に血の道症と呼ばれ、女性に多く閉経期前後に症状が現れます。頭重、のぼせ、寒熱往来、いらいら、不眠、動悸などです。内熱による上気症と瘀血(おけつ:血めぐりが悪い)の原因が多いです。肝、腎経のツボを中心に自律神経失調症同様に弱めの刺激が有効です。

 

健養堂へのご予約は 

お問合せは:こちらから

予約受付電話:092-577-7739

「ホームページをみました」とお問合せください。

福岡市の自律神経失調症なら健養堂はり灸治療室トップページへ