営業時間

平 日:9:30 ~ 18:30(月曜は13時まで)
土・日:9:30 ~ 16:00
休診日:火曜・祝日

あなたの症状を無料診断、ご利用の方はこちらから
slide-right2

トップページ > 初めての方へ

初めての方へ

初めて鍼灸院に来院される時は、何かと戸惑いや不安がある事と思います。
安心してご来院頂けるよう、小さな疑問にもお答えします。

●当院は予約制です。患者様をお待たせすることなく治療を受けて頂くためであり、時間をかけた東洋医学的診察を行った上で施術を始めます。

●当院では電気や低周波などの器械施術は出来るだけ行いません。当院の鍼治療の最大の特徴は、患者様の体質や症状により鍼の刺激量を細かく調整して行うことです。

自分の症状は鍼灸治療に向いているのか?どのような治療を行うのか?など、不安な方も多いと思います。その場合は、「無料相談」をご利用下さい
ホームページの「無料相談フォーム」からお入り頂き、症状をお伝え頂ければ、一両日中に回答させて頂きます。
基本は直接の診断によって細かい治療方針が決まりますが、この無料相談によって、大まかなアドバイスや不安な点の解消になるかと思います。お気軽にご利用下さい。

メニュー・料金へ ご相談・ご予約へ

 

1.治療ご希望の場合は

当院の施術は、より効果を出すために、しっかり時間枠をとり完全予約制で治療を行なっております。

お電話またはメールにてご予約下さい。
ご相談フォームからもご予約可能です。

ご予約の際は
①初めてか否か
②症状(簡単で結構です)
③ご希望日時(第二希望ぐらいまで)
④お名前(フルネーム)とご連絡先(出来れば携帯電話番号)
をお知らせ下さい。
当日予約も可能です。
(特に、土日は混みあいますのでお早目にご予約下さい。)

来院後は、予約の強制は行ないませんが、効果を感じる適切な通院の提案をさせていただきます。

※平日(水、木、金)➡初めて受診される方の受付は、18時までです

 

予約受付方法は、2種類ございますので、下記のどちらかにご連絡下さい。

1.お電話でのご予約
   092-577-7739

2.メールでのご予約
   こちらまで(24時間受付可能)

2.治療の流れ

問診:最も辛い症状を詳しくお聞きします。

診察:触診により(例えば、筋の張り・硬さ、脈やお腹・舌の状態)現状を確認し、どのような治療を行うか説明致します。

治療:鍼灸施術を行います。

当院の治療時間の目安は、40~50分 (初診の場合は:60~90分)です。
鍼灸治療はマッサージとは違い、時間制ではなく、症状によってかかる時間が異なります。患者様の症状や体質に応じて、適切な治療方法や鍼を刺す数・刺激量を決めていきますので、治療時間が長くなったり短くなったりします。治療時間は長ければ長いほど効果があるとは限りません。健養堂はり灸治療室は、「オーダーメイド治療」を基本理念に、その症状に合った〝最も適切な治療時間〟で治療を行なっておりますので、安心してお任せ下さい。治療時間の長短によって、鍼灸の効き目が左右される事はありませんので、ご理解の程、宜しくお願い致します。

治療後:治療結果を確認し、今後の計画をお伝えします。

3.治療院の通い方と留意点

急性の症状や痛みが強い場合
出来るだけ間をつめて治療します。週に2~3回通って頂く場合もあります。

症状が落ち着いてきた場合
「なぜその症状が出たのか」の原因治療を、週に1回程度のペースで行います。普段の生活習慣や食生活に原因が潜んでいる場合がありますので、生活習慣の改善点をアドバイスします。

症状が改善した場合
日常生活に問題無くなれば治療は終了します。ただし、体質改善・症状の再発防止・体調維持の為にメンテナンス治療(定期的な身体の調整)をお勧めします。1~2ヵ月に1回のペースで行います。

※最後のご来院から半年以上経過されている場合は、再診料(500円)を頂きます。どうぞご了承下さい。

 当院の治療方針

1.ツボの効能を引き出すこと

気の流れや血液の流れを良くし、体温を維持する機能や血行を良くする機能を最大限に引き出すことによって、崩れてしまった身体のバランスを整え、自己免疫力・自然治癒力を高めます。

私自身、日本での修行や上海での研修(気功、武術なども体験)を通じ、鍼灸において”気”の概念は不可欠だと再認識しました。

※「気」は、細胞レベルの活性化物質

~六つの気の作用~

気化【きか】   ・・・体の新陳代謝

推動【すいどう】・・・体内の生理機能の促進

温煦【おんく】  ・・・体温の維持

固摂【こせつ】  ・・・体の形態を維持し、栄養物や体液が漏れるのを防ぐ

防御【ぼうぎょ】 ・・・体を守る

栄養【えいよう】 ・・・体を養う

東洋医学を理解する上で外せないのが「気」の概念です。この気とは、私たちの体を流れているエネルギーのことで、生きていくために無くてはならないものです。「気」には上記のような六つの働きがあり、これが病むと文字通り「病気」ということになります。この「気」というエネルギーは、全身に充満しているわけではありません。ある決まった道を通って六臓六腑に通じており(この通り道のことを経絡(けいらく)と言います)、気がこの経絡を正常に流れているうちは健康でいられるのですが、どこかで滞ったりすると体調が崩れるというわけです。

※「血」は、気と一体となって身体の栄養を支える

~「気は血の師」「血は気の母」~

血は人体を作り、人体の栄養を支えており、気と表裏一体の関係にあります。「気血同源」ともいい、「気血」は切っても切れない密接な関係であると考えられています。実際に、血の不足であると、身体は疲れやすくなり、機能の低下が起こります。

「気」が「機能」を示すのに対して、「血」は「器質」を示します。人体は器質があって初めて機能しますし、機能して初めて器質の価値がある、という風に「気」と「血」は一体となって身体の栄養を支えているのです。

 

2.筋のこり固まった部分や緊張を緩めること

筋肉のこりや緊張を緩めて、末梢循環を良い状態に改善すると、痛みやシビレが取れてきます。血流が良いと、細胞の代謝や免疫力も強化されて、老化しにくい身体になります。また、老廃物の排泄機能が高まります。末梢血流が良い時は、酸素や栄養の補給、炭酸ガスや乳酸などの疲れの物質の回収率なども良くなり疲れにくいカラダになります。

※マッサージとの違い

マッサージでは、体の浅い部分の緊張をほぐし張りを緩和させる事が出来ます。また、リラクゼーション効果もあり、辛い症状などで疲れてしまった体に効果的です。しかし、痛みなどの原因が深部にある場合には、なかなか効果を出せません。

鍼では、皮下より数ミリから数センチの深さのツボに鍼を打ちます。 鍼治療は、深部にアプローチが出来るため根本的な症状改善が期待できます。また、生命力の強化で多くの症状や病気を治す効果が鍼にはあります。

身体の不調の際は、首・肩・肩甲骨の内側・背骨と背骨の間・腰部・ふくらはぎなどに痛みが出現します。痛みのポイントには「邪気」(身体の中の悪いもの)が集積しているポイントになるため、まず邪気を取り除き、それから正気を届ける施術が必要です。これは、家を建てる際に、土地を地ならししてそれから建物を立てるイメージです。あくまでも、「邪気取捨」→「正気送致」の順番が非常に大切です。

このように、健養堂はり灸治療室は、どのような治療法が最適かを導き出し、お一人お一人の患者様の体質に合わせた治療を行います。