営業時間

平 日:9:30 ~ 18:30(月曜は13時まで)
土・日:9:30 ~ 16:00
休診日:火曜・祝日

あなたの症状を無料診断、ご利用の方はこちらから
slide-right2

お知らせ

9月14日:電話予約時間について
電話予約は、営業日の9時~平日は18時(月曜12時半)、土日は16時までです。どうぞ宜しくお願い致します。
メール予約は24時間受付可能です→ こちら✉から 

健養堂はり灸治療室は、頭痛、肩こり、腰痛の症状から自律神経症状まで幅広く対応しております

◇特長

1.安全、丁寧をモットーに、気配りと温かい雰囲気の中で、マンツーマンで施術を行ないます

2.耳鳴り、難聴、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症を専門としております

3.頭蓋骨、内臓の矯正を行なっております(オプションメニュー)

4.土日も診療しております

5.体調管理、健康増進、美容にもおススメです

◇当院でよく診る疾患

鳴り・突発性難聴

  耳鳴り軽減/耳閉塞感、頭痛にも。

アトピー性皮膚炎・気管支喘息

  アレルギー炎症の鎮静化に。

自律神経失調症・更年期障害

  自律神経を整えるのに首、背部、背骨の治療が大切です。

    ※自律神経失調症についてご参照下さい。

梅核気(のど違和感)

   背部も配慮した健養堂式施術を行なっております。

ぎっくり腰・寝違い

   特効穴のアプローチで可動域の改善を目指します。

ニック障害・うつ病

   肩こり緊張、肩甲骨周囲の硬さをやわらげます。

花粉症・アレルギー性鼻炎

   当院独自の鍼灸治療と、頭蓋骨矯正の併用をおススメします。

顎関節症

   ストレス要因が多い顎関節症。首、肩周囲の鍼灸を中心に施術します。

 

当院では、日本の鍼灸と頭蓋骨矯正(オプション)を組み合わせることで、下記のような様々な疾患に対応しております。
(詳しくは
疾患と治療法をご覧下さい)

  • 肩こり・むち打ち症・顔面神経麻痺・四十肩&五十肩・腰痛・坐骨神経痛
  • 喘息(咳)・のどの詰まり・蓄膿症・花粉症
  • 低血圧症・動悸
  • 食欲不振・便秘・下痢
  • 腎炎・ネフローゼ・前立腺肥大
  • 冷え性・生理不順・生理痛
  • 心臓神経症・不安神経症・パニック症候群・全般性不安障害
  • パーキンソン病
  • 仮性近視・緑内障・網膜色素変性
  • 耳鳴り・突発性難聴
  • その他の疾患もご相談下さい


 ※詳しくは
症例をご覧下さい

 

◇ごあいさつ

DSC01328

健養堂 室長 大久保陽友(おおくぼあきとも)と申します。

当院のホームページにお越し下さり、ありがとうございます。

縁あって、鍼灸師の道を選んだ私が、この道に進もうと思ったのは、自身が腎炎を患ったことがきっかけです。
学生時代でしたので、陸上、剣道、水泳、野球、ラグビーなど休む時間もないほど打ち込んでいました。その好きなスポーツを一時中断せざるをえなかったのは、本当に辛いことでした。当時は、大食い、早食い、冷飲のし過ぎがたたり、しょっちゅう風邪をひいていました。

全身のだるさ、顔が浮腫む、微熱が続き、腎炎になりました。腎臓は再生しないこと、無理は禁物、食事節制が必要なことを知り、それからというものは、食事や生活習慣を改めました。また、父が投薬には頼りたくないということで、鍼灸治療や断食を受けさせてくれました。その結果、尿検査の数値が正常に戻り、浮腫みも消え、回復していきました。身体が軽く感じられ、自分の身体が再生した気分でした。

進学する際、迷わずこの鍼灸師という仕事を選んだのは、病気からの回復で希望をもらったからだと言えます。
自分の身体で受けた感動、そして鍼灸の良さを少しでも多くの方に知って頂きたいという想いからです。

そして、当時唯一の鍼灸4年生大学である、明治鍼灸大学(現:明治国際医療大学)へ進学し、国家資格である、鍼灸師の資格を取得しました。
卒業後、更に知識を深めるべく、中国上海の上海中医薬大学へ留学し、研鑽を積みました。

帰国後は、日本の伝統鍼灸を学び、自律神経失調症・耳鳴り難聴・緑内障・花粉症・アトピー性皮膚炎・喘息などの内科系疾患の治療法を学びました。
その後、整形外科系やスポーツ障害を専門とする治療院に勤務し、スポーツトレーナーとして、治療やリハビリに携わりました。トップレベルの選手を間近で見、選手の身体に直接触れることにより、ストレッチや筋力トレーニングを継続することの重要性を再認識しました。

そして、2010年、博多駅南にて自律神経失調症専門の鍼灸院を開室しました。
2015年4月には、現在の博多駅東に移転し、
施術経験は、延べ10,000人になります。

鍼灸治療は、脈やお腹、つぼ、筋肉の張り・硬さなどで身体の状態を把握し、患者様の状態によって鍼とお灸を使い分け、身体の免疫力を高め、自然治癒力の向上を図ります。

異常はないが身体が辛い時、病気ではないが体調が優れない時などにも効果を発揮します。 自然治癒力を妨げている、要因(免疫系、神経内分泌系、血管系、筋肉系)を取り除くことで治癒へと導いていき、病気の予防や健康維持、体質改善など、様々な場面で有効的に取り入れることができます。

また、最近では、頭蓋骨内の脳脊髄液の循環不良が原因の不調も増えてきています。
当院では、頭蓋骨の歪みを整え、脳圧を下げることで循環を改善する、頭蓋骨矯正の施術も行なっております。

今後も、鍼灸治療の研究と実践が当院の役目だと感じ、更なる技術習得を目指しております。

◇治療方針

1.鍼治療は、気を充実させて元気・活力を満たし、硬くなった筋肉組織を緩める、内臓の反射点を使い臓器の機能をあげる等の目的があります。それらをしっかり使い分けて施術を行ないます。

2.お灸は、皮膚の温熱刺激により自律神経に作用して、血流を良くする、治癒力を促進する、免疫力をあげるなどの作用があります。患者様の体質に合わせ、お一人お一人に合わせた施術を行ないます。

3.頭蓋骨矯正は、脳圧を下げ、脳脊髄液の循環を良くすることで、体全体の体液の循環も良くなります。非常に軽く優しいタッチで頭蓋骨に触れ、脳脊髄液の循環を助けてあげる施術です。

 

◇鍼について

はり灸治療を初めて受けられる場合、「痛くないのかな?」と不安が先行し、治療に一歩踏み出せない方が多いようです。
勇気を出して治療を受けられた後は、「注射針と違い、痛くなかった!」とおっしゃる方がほとんどです同じ針でも、形状が異なり、注射針や縫い針と比較すると、治療用の鍼は比べ物にならないほど細いものです。
それに、「しなり」があり、非常に弾力性があります。鍼先は尖りがなく、微妙に丸みを帯びています。

刺入の際、注射針は組織を切り裂いて入るため痛みを伴いますが、治療用の鍼は組織を押し分けるように入っていきます。
このため、組織を傷つけることが少ないため、痛みが少なく、出血もほとんどありません。

また、鍼刺激が気にならない方、苦手な方、強めで大丈夫な方、弱刺激でなければならない方など患者様の好みや身体の状態(日本人と外国人では体質が違うので鍼の打ち方が変わります)によって鍼の打ち方や刺激量を調整しますのでご安心下さい。

このように、鍼灸とは、オーダーメイドの手技と言い換えることができます。さらに、東洋医学には「気」という概念があります。元気、やる気、気持ち、病は気から,など「気」を用いた単語が多くありますね。もし、不安や納得しないまま施術を受けると、経穴(ツボ)が閉じてしまい、そのがめぐらなくなると考えます。
当院は、患者様のご希望、不安、疑問をお聞きしながら最適な施術法を提案させて頂きます。

 

施術内容、施術料金、はり灸に対する疑問や不安に感じておられることなど、お気軽にご相談下さい。
こちらまで もしくは 092-577-7739 へお電話下さい。

スタッフ